ニキビ跡ができちゃった・・・

「白衣の天使」も、お勤めご苦労様でした

看護学校を卒業してから、あちこちの小さな病院や
大学病院を渡り歩きつつ、たどり着いた、
この病院で、看護師といて40年働いてきた。
一応今では、看護師の中でも、立場もある役職まではたどり着いた。

 

途中、子育てや育児で、休みもいただいたけれど、
何とも長い看護師生活を、もうすぐ引退する日が近づいてきた。

 

八尾市 看護師求人募集はこちら。

 

白衣の天使にも、「定年」ってものがあるのよね。
最近の若い子たちは、
色々な制服をすきに来ているけれど、私たちの世代にしてみれば
看護師の「ナース服」といえば、身が引き締まる思いのつまった制服だった。

 

私は今まで、その身の引き締まる制服を、鎧のように着て働いてきたけれど、
遂に、脱ぐ日が来るんだわ。
天使の、羽が抜けてしまうような気がする。

 

看護師、辞めたら、習い事はアレしよう、
海外旅行も何日もかけてあそこに行こうと、
忙しい仕事の合間に、看護師中まで話してきたものだけれど、
もうすぐ自由になって、夢がすべてかなうはずなのに、なんだかさみしい思いばかり。

 

徳島の徳島市 看護師求人募集をお探しの方はこちらへ。

 

でも、今日も明日も、まだ、看護師。
今まで、この制服を着ているときには、
私は、看護師なんだからと言い聞かせて、
父が倒れたと、電話があっても、
小さな子供が熱を出したから早く迎えに来てと連絡があっても、
決して動揺したりすることなく、
笑顔で患者さんと接して仕事をしてきたのが私のポリシー。
おかげで、家族にはずいぶん迷惑かけちゃったこともあるけれどね。
でも、みんなで、私を支えてくれていたから、私は看護師を続けてこれた。

 

草加市 看護師求人募集は草加の看護師求人情報です。

 

ちゃんと、この制服を脱ぐ日が来るまで、
このポリシーは、変えずに、しっかり働こう。

 

私は看護師なんだから、
そうだ、私は、白衣の天使なんだからね。